ミシンが私の相棒です

私は学生の時から、いろんなものを手作りしてきました。それはカーテンだったりバッグだったりです。私が着ている洋服も、今ではほとんどが手作りのものなのです。以前は本を見ながら型紙を使って作っていましたが、今ではなんとなくの感覚で作れるようになったのです。

結婚してからは夫のシャツも作っています。子どもができてからは、もっと作るものが増えてきたのです。私の趣味であり、暇つぶしでもあるのでみるみる作るものがいっぱいになってきました。ミシンがあったら何でも作れるのです。

空いている時間を見つけては、生地を買いに行っています。生地を見るだけで、これはあれを作ろうと頭の中で想像しているのです。見て触っているだけで、作りたくなってウズウズしてくるのです。

そのミシンが寿命で突然壊れてしまいました。あまりにも突然で驚きました。カフェカーテンを作りかけていた時だったのです。何とか修理で一週間ほどで直ると言われましたが、その一週間はとても長かったです。まるで相棒が突然いなくなったみたいに思えました。

でもまた戻ってきてくれた時は、本当に嬉しかったです。毎日大事に使っていますが、私にはかけがえのない相棒でもあったのです。