鼻がムズムズのようです

季節の変わり目だからか、何かに反応しているのか、毎日我が家の中はクシャミ大会です。

私は何ともないのだけど、夫と子供達はどうも体質が同じようで。見事に同じ時期にクシャミ大会が始まります。今も真っ只中。

特に寝起きがピークですね。クシャミ連発!可哀想だけど…息子は自分で何回連続で出るか楽しんでいるような・いないような…。本当に凄いんですよ、あっちからこっちから聞こえてきます。ティッシュがみるみるうちに消費されてしまいます。

あの有名なアニメの大魔王さんなら、出たり入ったりを何度繰り返すかね…って子供達と話していました。

鼻がムズムズって落ち着かないですよね。私にはそういう症状ないんですが、家の中ならまだしも、学校や外出中だったらキツイだろうなと思います。風邪症状かなと思われても嫌ですし…。

今日もまだ続いていそうです。いつでも使えるように、家の色々な所やポケットにティッシュは欠かせません!

あまり続くなら薬飲ませなくちゃと思っています。辛いですもんね。

でも、今朝は私も何となく目が痒いかも。季節が変わる頃って体に色んな症状が現れますね。気温差があったり、体がついていってないのかな?気をつけなきゃいけませんね。クシャミ大会はもう暫く続きそうなので、ティッシュ買っておこうかな…。

休みの日は家族で掃除

平日は会社や保育園があってまったく掃除ができないので、お掃除ロボットのルンバに頼っています。

ルンバがいなかったらうちは誇りまみれ。

ルンバに頼りきった生活をしていたのですが、お風呂とトイレはルンバじゃ無理です。

休みの日に一人で汗だくになりながら掃除をしていたのですが、ふと、家族がダラダラゴロゴロしてることに気付いて腹立たしくなりました。

私が一生懸命働いているのに、君たちはなぜ遊んでいるんだ、と。

という訳で、掃除は皆でしよう!と提案。

渋々動く旦那と息子。

まずはお風呂です。

湯船と排水溝に別れて掃除です。

意外にも旦那が隅々まで綺麗にしてくれて、ちょっと見直しちゃいました。

私と子供は、使い古した歯ブラシ片手に、排水溝をゴシゴシ。

皆でやると早いのなんのって。

今まで私が汗だくになってたのは何だったんだってくらい早いです。

こんなことならもっと早くから頼めばよかったなあ。

お次はトイレ掃除です。

こちらも何故か旦那が率先してやってくれます。

実は掃除好きなのかしら?

子供も、自分が使う踏み台をピカピカに磨くという指令に真剣に向き合っています。

なんだ君たち。

やればできるじゃないか。

こちらもあっという間に終了です。

一緒にやると時短になるし、誰か一人の負担になることもなく家族で達成感が得られていいですね。

毎週続けていこうと思います。

失敗しない豚のなんちゃって角煮の作り方

主婦歴もそれなりになってきて、料理も一通り出来るような気になっていますが、豚の角煮はなかなか上手につくれません。基本的に煮込むだけの料理のはずなのに味が決まらないというか、いつもパッとしない出来上がりになってしまいます。色々試行錯誤した中で、これなら失敗が無いという作り方を考え出しました。

まず厚手の鍋に油を引いて、豚の塊肉(タコ糸でしばると良い)に焼き色を付けます。全体に焼き色が付いたら水をひたひたになるまで加えます(生姜やネギの青い部分、お酒を少々入れても良い)。沸騰したらアクを取り、蓋をして弱火で10分程煮ます。火を止めたらそのまま1時間程放っておきます(余熱で火を通す)。

その間に煮汁というかタレを作ります。

みりん50ccを小鍋に入れて沸騰させた後、醤油50ccを入れます。再度沸騰したら弱火にして好みの濃さになるまで煮詰めます。ついでにこの間にゆで卵も作っておきましょう。

豚肉に竹串を刺して透明の汁が出るか確認します。(もし汁が赤かったら火が通っていませんので、再度10分程弱火で煮た後30分程放っておいて下さい)。

豚肉に火が通っているのを確認したら、ジップロックなどの袋に入れてゆで卵とタレも一緒に入れます。あとはきっちりジッパーを締めて冷蔵庫で冷やして下さい。

これで出来上がりです。薄く切ってからタレも一緒に温め直して、焼いたネギやキャベツなどをごはんにのせて、豚肉とゆで卵ものせてタレをかけて食べるととても美味しいです。

茹で汁は少し中華スープの素を加えて塩こしょうで味を整えると美味しいスープになります。

なんちゃって角煮ですが、簡単に失敗なく美味しくできますので、是非お試し下さい。

最近気になっている健康と密接に関係のある血糖値

私は以前から健康にこだわるようにしているのですが、血糖値について気になるようになりました。それまでは単純に体型などを重視していたのですが、血糖値は糖尿病と密接に関係しているので、重要な数値だと感じるようになりました。血糖値が高くなってしまうと、糖尿病が引き起こされてしまうことは有名ですが、合併症があるのが恐ろしいところです。

合併症は様々な症状があり、視力が低下してしまうなど日常生活に多大な影響があります。血糖値が気になるようになってからは、基準値をしっかりと確認して自身の血糖値を気にするようにしています。血糖値を計るときは、空腹時と食後では基準値が違うとのことでした。

食後は糖分を摂取することが多いので、どうしても血糖値が上がってしまいます。空腹時の血糖値が70から109くらいまでなら基準値ですので、ひとまず安心できる数値だとのことでした。血糖値などの数値も健康には関係があるので、これからも血糖値を下げることに注目したいです。

久しぶりのナウシカ

我が家で特にこれといって特別な用事がない休日は、家で皆でDVDを見ることがよくあります。

先日ちょうど暇な休日ができて、家族で何か見ようということになりました。今回は夫の好みで、宮崎駿作品の中から「風の谷のナウシカ」を選びました。私は昔子供の頃に2回ほど見たことがありますが、実はその2回とも、あまり面白かったという印象がありません。むしろ途中で眠くなってしまったように覚えています。何が良いのかよくわからないまま見てしまっていました。でも夫は宮崎作品が好きで、長男にも是非見せたいとの思いがありました。長男はこれが初めてのナウシカです。小学校低学年では内容がわかるかどうか不安なところでもありましたが、一応見せてみました。

見始めて早々、長男は興味を持ったらしく夫に質問攻めをしてきました。子供の質問は実にストレートです。わからないことは何でも聞きたくなります。ナウシカを何度となく見て知り尽くしている夫は、長男にわかりやすく説明していました。そして私もそれを隣で一緒に聞きながら見ていました。すると、これまでその良さを知らずにいた私までもが、ナウシカにいつの間にか引き付けられていったのでした。これは夫の解説付きだったから、というのが大きいでしょう。私も何だかナウシカが好きになりました。

ミシンが私の相棒です

私は学生の時から、いろんなものを手作りしてきました。それはカーテンだったりバッグだったりです。私が着ている洋服も、今ではほとんどが手作りのものなのです。以前は本を見ながら型紙を使って作っていましたが、今ではなんとなくの感覚で作れるようになったのです。

結婚してからは夫のシャツも作っています。子どもができてからは、もっと作るものが増えてきたのです。私の趣味であり、暇つぶしでもあるのでみるみる作るものがいっぱいになってきました。ミシンがあったら何でも作れるのです。

空いている時間を見つけては、生地を買いに行っています。生地を見るだけで、これはあれを作ろうと頭の中で想像しているのです。見て触っているだけで、作りたくなってウズウズしてくるのです。

そのミシンが寿命で突然壊れてしまいました。あまりにも突然で驚きました。カフェカーテンを作りかけていた時だったのです。何とか修理で一週間ほどで直ると言われましたが、その一週間はとても長かったです。まるで相棒が突然いなくなったみたいに思えました。

でもまた戻ってきてくれた時は、本当に嬉しかったです。毎日大事に使っていますが、私にはかけがえのない相棒でもあったのです。

次は、ちゃんと栗ご飯を炊いてあげるからね。

ご近所にさつまいもを頂いたので、早速さつまいもご飯を炊きました。

「いもたこなんきん」っていうのが、どの家庭にも共通なのかどうかは分かりませんけど、我が家では、このうちの二つが男性陣にはウケが悪いのです。

おいもやかぼちゃは、おやつの延長のような感じで、食事としては認められないなんて屁理屈をこねるんです。

でも、そんな話は聞こえない振り、忘れた振りをすることにしています。

作った者勝ちですよね。旬のものを美味しく食べるのが健康には一番だと思うし、食卓に文字通り彩りと季節感を与えてくれます。

何より、旬の物は安いのが主婦にとっては有り難いです。そのうえ、今回のさつまいもは、頂きもの。タダです!

これをうまく使いまわさない手はありません。好き嫌い何かに惑わされている場合じゃないんです。

ほんの少しだけ塩を利かして、ほっこりと炊き上がりました。

お茶碗の中の白いご飯にチロチロと覗く黄色を見て、主人が「もう秋なんだなぁ~」なんて、珍しくにこやかです。

やっと季節感を味わえる大人になったんだと思って「でしょう~。頂きものなんだけどね」とこちらもいつもよりはにこやかに応えましたが、どうやら主人は栗ごはんと勘違いしていることが話ているうちに分かってきました。

結局、美味しいと言って食べているので、最後まで訂正しませんでしたけど、今度きちんと本物の栗ご飯を炊いてあげようと思います。

主人は、その時は何と反応すのか、今からちょっと楽しみです。

憧れのひょうたん型体系を目指して

ただ今産後6ヶ月になる者です。

妊娠する前は、くびれもお腹のたるみもなくどちらか言うと細身でした…。

妊娠してからつわりがなかったために食欲があり12㎏太ってしまいました。母乳を与えていたら産後すぐ痩せるよと友人に聞いていたので油断し、食欲も前と変わらず三食きっちり食べ間で間食をしていると全く体重が戻らず太ったままをキープしています。

のびてしまったお肉の皮…段になってますよお腹。ズボンからお肉がはみ出てだらしない。くびれもなく電柱みたいにストーンと真っ直ぐになってます…前のように戻れたらと鏡を見ては溜め息をついてしまいます。

こんなに痩せるのが簡単じゃないなんてたくさん太らなければと後悔しつつ前向きにダイエット始めたいと思います。加圧シャツとか興味深々です。きれいなママでいるために。憧れは出るところは出て引っ込むところは引っ込んで、そおです『ひょうたん型』‼頑張ります。